退職と税(読み)タイショクトゼイ

とっさの日本語便利帳の解説

退職と税

所得税法では、退職により使用者から一時に支給される給与(退職金)を退職所得としている。所得税住民税が課される額の場合は、受給する時に源泉徴収される。退職金は、長年の勤労に対する対価なので、退職所得控除を設けたり、他の所得と分離するなど負担を軽くしている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android