逆八蝶(読み)サカハチチョウ

デジタル大辞泉の解説

さかはち‐ちょう〔‐テフ〕【逆八×蝶】

タテハチョウ科のチョウ。中形で、前翅(まえばね)・後ろ翅とも褐色の地に逆「八」字形の白帯があるが、春型と夏型で模様が異なる。幼虫はイラクサなどを食う。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかはちちょう【逆八蝶】

タテハチョウ科のチョウ。開張約50ミリメートル。春型は黒地に橙赤色のまだらがあるが、夏型は黒地に前ばねと後ろばねを貫く白帯があり、はねを開くと逆の八字形に見える。九州以北の日本各地と朝鮮半島・中国に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

逆八蝶 (サカハチチョウ)

学名:Araschnia burejana
動物。タテハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android