コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆遺伝学 ギャクイデンガク

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐いでんがく〔‐ヰデンガク〕【逆遺伝学】

特定の遺伝子を選択的に破壊・欠失させて、生体への影響や遺伝子の機能を解析すること。従来の遺伝学では、まず生物の形質に注目し、その原因となる遺伝子を特定するが、遺伝子工学DNA解析技術の発展によって、まず特定の遺伝子を改変し、それによって個体にどのような表現型が現れるか調べることができるようになった。ノックアウトマウスは逆遺伝学の手法によって作られた疾患モデル動物で、さまざまな研究に用いられている。逆行性遺伝学リバースジェネティクス。→順遺伝学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android