コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆遺伝学 ギャクイデンガク

1件 の用語解説(逆遺伝学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐いでんがく〔‐ヰデンガク〕【逆遺伝学】

特定の遺伝子を選択的に破壊・欠失させて、生体への影響や遺伝子の機能を解析すること。従来の遺伝学では、まず生物の形質に注目し、その原因となる遺伝子を特定するが、遺伝子工学DNA解析技術の発展によって、まず特定の遺伝子を改変し、それによって個体にどのような表現型が現れるか調べることができるようになった。ノックアウトマウス逆遺伝学の手法によって作られた疾患モデル動物で、さまざまな研究に用いられている。逆行性遺伝学。リバースジェネティクス。→順遺伝学

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone