コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通洞 つうどうadit level

3件 の用語解説(通洞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通洞
つうどう
adit level

山腹や山麓から,ほぼ水平に掘削された坑道。山岳地帯にある鉱体を開発しようとする場合には通洞により開坑し,それをその鉱山の主たる運搬坑道,排水坑道,通気坑道などとして使用することが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つうどう【通洞】

鉱山で、坑口から水平に掘進された主要坑道。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の通洞の言及

【坑道】より

…同様に,鉱石を運搬するのにも,重力を利用して,下へ下へと運び出すことは最も合理的であり,そのため鉱床の下部に坑道を切り,その坑道に鉱石を集めて運び出す計画も当然のことである。 鉱山では多くの坑道が掘削されるが,そのうちでとくに鉱山の中心となる横坑を通洞と称することがある。わたらせ渓谷鉄道の通洞という駅の名は,足尾鉱山のほぼ中心に位置する通洞坑の坑口近くにあることに由来する。…

【坑内排水】より

…(3)坑内に湧出した水を坑外へ排出する(狭義の坑内排水はこれを指す)。
[湧出水の坑外への排出]
 採掘が通洞(直接地表に連絡する坑口を有する横坑)の水準以上で行われる場合は,湧水が自然に通洞に流れて集まるようにし坑口から自然排出させるが,採掘が坑口水準以下で行われる場合はポンプ排水によるしか方法がない。ポンプで水を吸い上げることのできる高さの限度は理論上10mであり,実際はそれ以下にとどまる。…

※「通洞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通洞の関連情報