コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通翁鏡円 つうおう きょうえん

1件 の用語解説(通翁鏡円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通翁鏡円 つうおう-きょうえん

1258-1325 鎌倉時代の僧。
正嘉(しょうか)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。下野(しもつけ)(栃木県)雲巌寺の高峰(こうほう)顕日,筑前(ちくぜん)(福岡県)崇福寺の南浦紹明(なんぽ-じょうみん)に師事。のち京都万寿寺,南禅寺の住持となる。後醍醐(ごだいご)天皇がひらかせた天台・真言両宗との論戦(正中(しょうちゅう)の宗論)でかったが,正中2年閏(うるう)1月27日急死した。68歳。別号に浄光。諡号(しごう)は普照大光国師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

通翁鏡円の関連キーワードアラブ文学アッバース朝西アジア史オスマンアラビア書道イルハン国オスマン興国寺バグダッド旭烈兀

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone