通貨オプション(読み)つうかオプション(英語表記)currency option

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨オプション
つうかオプション
currency option

特定の価格で,特定の期間内に「売買する権利」を売買する取引のこと。先物取引に類似しているが,重要な違いは,期間内に売買を必ずしも実行する必要はなく,オプションの買い手に実行するか否かの選択権があることである。オプション取引自体は,古代ギリシア時代から行なわれているが,日本においては銀行間の通貨オプション取引が 1987年ごろから一般化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つうか‐オプション〔ツウクワ‐〕【通貨オプション】

通貨に関する金融派生商品(デリバティブ)の一つ。通貨オプションを購入すると、オプションの内容に応じて、将来の特定の期日または期間内に、決められた価格で特定通貨の売買ができるため、為替変動リスクの回避などに用いられる。オプションは行使しなくてもよいが、購入する際、リスクに見合うオプション料をオプションの売り手に支払う必要がある。→オプション取引コールオプションプットオプション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android