コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通陽門院 つうようもんいん

3件 の用語解説(通陽門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通陽門院
つうようもんいん

[生]正平6=観応2(1351).京都
[没]応永13(1406).12.27. 京都
後小松天皇の母藤原厳子内大臣三条公忠の娘。後円融天皇がまだ皇太子の建徳2=応安4 (1371) 年その宮に入り,上臈局と称し,後小松天皇,珪子内親王を産んだ。後小松天皇即位後に従二位,応永2 (95) 年三宮に准じられ,翌3年通陽門院の院号宣下。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通陽門院 つうようもんいん

1351-1407* 南北朝-室町時代,後小松天皇の母。
観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年生まれ。三条公忠(きんただ)の娘。後円融天皇の後宮にはいり幹仁親王(後小松天皇),珪子内親王を生む。応永2年准三宮(じゅさんぐう)となり,3年には院号をさずけられた。応永13年12月27日死去。56歳。名は藤原厳子(たかこ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

通陽門院

没年:応永13.12.27(1407.2.5)
生年:観応2/正平6(1351)
南北朝時代の内大臣三条公忠の娘で名は厳子。後円融天皇の即位以前の応安4/建徳2(1371)年3月に参内し,上臈局と称した。後小松天皇,珪子内親王を生む。永徳3/弘和3(1383)年,後円融天皇が厳子と足利義満との関係を疑い,天皇に刀背で峰打ちにされ負傷した厳子が実家へ逃げ帰ったといわれる。後小松天皇即位後,永徳3/弘和3年11月に従二位,応永2(1395)年4月に准三宮となり,3年7月24日に院号宣下を受けた。その死去に当たり,天皇一代に2度(父母)の諒闇は不吉であるとの足利義満の意見により,その室日野康子の准母立后が行われた。<参考文献>今谷明『日本国王と土民』『室町の王権』

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

通陽門院の関連キーワード正平一統慕帰絵詞紅巾の乱浄土真宗戦争孤児覚如紅巾の乱五葉山フィロズシャー慕帰絵詞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone