コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造次 ゾウジ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐じ〔ザウ‐〕【造次】

《古くは「そうし」「ぞうし」とも》とっさの場合。ごく短い時間。
「尊い神の道を奉じて―にも顛沛(てんばい)にも神の御恵を感謝せねばなりませぬ」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうじ【造次】

〔古くは「そうし」「そうじ」とも〕
事がにわかで、急ぎあわてる場合。ほんのわずかの時間。 「 -にも忠戦を計らずと言ふ事なし/太平記 21」 「 -の間八田巡査は、木像の如く突立ちぬ/夜行巡査 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

造次の関連キーワード增・憎・贈・像・増・憎・臓・臟・蔵・藏・象・贈・造・雑造次顛沛・造次顚沛二十八部衆古市 公威顛沛・顚沛造次顛沛太平記経筒顛沛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android