コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連担建築物設計制度 れんたんけんちくぶつせっけいせいど

2件 の用語解説(連担建築物設計制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連担建築物設計制度
れんたんけんちくぶつせっけいせいど

既存の建築物を含む複数の敷地全体を一つの敷地(連担した敷地)とみなし,容積率建蔽率の適用を可能にした制度。建築基準法 86条2項。1998年,建築基準法都市計画法の改正に伴って導入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

連担建築物設計制度

建築基準法86条にもとづき、安全面で支障がないと自治体が認めた場合、複数の敷地を一つの敷地と見なして建築規制を緩和・除外できる制度。法善寺横丁では横丁両側の26の敷地を一つと見なした。適用にあたり、大阪市は土地所有者、借地権者と、建物を耐火建築にすることや避難経路を確保する建築協定を結んだ。

(2014-04-07 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連担建築物設計制度の関連キーワード弟月仮設建築物建築物二項道路完了検査申請接道義務建築基準法第8条(維持保全)耐震偽装事件工事完了検査木造3階建

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連担建築物設計制度の関連情報