コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有徳人 うとくにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有徳人
うとくにん

有得人とも書き,富裕な人を指す。日本中世の鎌倉時代から史料に見えるもので,土倉借上や酒屋などとして現れるが,他方で荘園代官,地主的名主,商人,金融業者,貿易業者も相当するものが多い。その富は土地集積などの農業的な形でなく,貨幣経済の発展に乗って商業高利貸活動の結果蓄えたり,室町幕府や諸大名,公家・寺社の財政運営にかかわって得たもので,有徳の徳は財貨米穀といった動産的な富を指している。室町幕府は年貢収取が思うようにならなくなると,彼らに有徳銭という課税をして財政難を切り抜けようとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うとく‐じん【有徳人】

富裕な人。金持ち。分限者(ぶげんしゃ)。うとくにん。
「もとより長は、海道一の―」〈浄・当流小栗判官〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

有徳人【うとくにん】

〈有得人〉とも記され,〈うとくじん〉とも読む。鎌倉時代後期から江戸時代まで用いられた語で,富裕な人を意味する。《沙石集(しゃせきしゅう)》の説話などから,領主・農民ではなく,凡下(ぼんげ)身分の借上(かしあげ)・土倉(どそう)・酒屋など,貨幣経済の進展の中で財を蓄えた商人・金融業者を指すことがわかる。
→関連項目有徳銭

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

うとくじん【有徳人】

富裕な人。金持ち。うとくにん。 「海道一の-/浄瑠璃・当流小栗判官」

うとくにん【有徳人】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有徳人
うとくにん

富裕な人のこと。「うとくじん」とも読み、有得人とも書く。有徳の徳は、資財、銭貨、米穀など動産的富をさす。有徳ということばが史料に現れるのは、鎌倉時代からであるが、富裕な人の呼称として定着するのは、室町時代である。当時は普通、有徳人といわれたのは、都市の土倉(どそう)と酒屋に代表される非農業的、非領主的な富裕者で、身分も凡下(ぼんげ)であった。彼らは、荘園(しょうえん)の代官、地主的名主、商人、金融業者、貿易業者など、貨幣経済とともに現れた階層で、商業や高利貸活動はもちろんのこと、幕府、諸大名、さらには公家(くげ)、寺社の財政にまで深く食い込み、また日明(にちみん)・日朝貿易を事実上掌握した。
 室町幕府はその経済的基礎である、直轄領に対する支配権が失われ、年貢が減少すると、有徳銭という名称で、彼らに課税した。有徳銭は、幕府の貴重な財源となり、初めは臨時の賦課であったものが、やがて恒久的な性格を帯びるようになった。[清水久夫]
『佐々木銀弥著『日本の歴史13・室町幕府』(1975・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

有徳人の関連キーワード有徳人(有得人)納屋助左衛門森次左衛門三人片輪金鶏伝説水越兵助会合衆

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android