コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連碁 れんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連碁
れんご

の特別な競技法の1つ。複数の対局交代に打ち,普通相談は許されない。その点が相談碁との相違である。連碁は主として祝賀会や追善の場で打たれることが多い。譜が残っているのは江戸時代後期からで,勝負をつけるところまで打つより打掛けのケースが多い。交代の手数人員は一定していないが,打つ順序は開始前に定められる。参加者が多く,一人一手ずつの場合は特に一手碁という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れん‐ご【連碁/×聯碁】

数人の者が二組みに分かれ、1局の碁を1石ずつ代わる代わる打つこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

連碁の関連キーワード数人囲碁

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連碁の関連情報