進藤 信義(読み)シンドウ ノブヨシ

20世紀日本人名事典「進藤 信義」の解説

進藤 信義
シンドウ ノブヨシ

明治〜昭和期の新聞人 神戸新聞社長。



生年
明治11(1878)年3月3日

没年
昭和26(1951)年3月11日

出生地
愛媛県

学歴〔年〕
東京専門学校(現・早大)

経歴
神戸新聞を振り出しに、大阪毎日新聞を経て、明治42年神戸新聞に主幹として返り咲き、30余年間社長を務め、同紙を地方新聞界のに育て上げた。その間、京都日日新聞大阪時事新報合併三都合同新聞社を創設、力のある地方紙網を計画して買収の手を広げたが失敗した。以後は神戸新聞経営に専念、常にリベラルな立場を通す。天長節に皇室を賛える社説を掲載しないなど、当時の国策に迎合しなかったため、特高警察ににらまれ、株の譲渡を強要されて退任に追い込まれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる