コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進藤作左衛門 しんどう さくざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

進藤作左衛門 しんどう-さくざえもん

1867-1941 明治-大正時代の村長。
慶応3年10月13日生まれ。明治22年秋田県刈和野村に合併された旧峰吉川村の独立運動をおこし,33年分村がなり,村長となる。県会議員,議長もつとめた。昭和16年3月1日死去。75歳。出羽(でわ)仙北郡(秋田県)出身。号は半仙。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

進藤作左衛門の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone