コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸りか ハヤリカ

デジタル大辞泉の解説

はやり‐か【逸りか】

[形動ナリ]
調子が早く軽快なさま。
「―にかき鳴らしたるを、中納言、堪へずをかしうや思さるらむ」〈堤・逢坂越えぬ権中納言
軽はずみで落ち着きのないさま。おっちょこちょい。
「品々しからず、―ならましかばしも」〈・東屋〉
はしゃいでいるさま。
「―にうちささめきたるも、又はづかしげにのどかなるも」〈堤・縹の女御
せかせかしているさま。
「―に走り書きて」〈・若菜上〉
勇ましいさま。
「弓引く道にも猛く、おほかた御本柱―に」〈増鏡・むら時雨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android