コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遅塚久則 ちづか ひさのり

2件 の用語解説(遅塚久則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遅塚久則 ちづか-ひさのり

1725-1795 江戸時代中期-後期の装剣金工。
享保(きょうほう)10年3月7日生まれ。陸奥(むつ)守山藩(福島県)藩士。大森英秀(てるひで)の門人とつたえられ,色金を多用した華麗・濃密な作風を得意とした。寛政7年10月20日死去。71歳。通称は喜太郎,のち文治。字(あざな)は伯徴。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

遅塚久則

没年:寛政7(1795)
生年:享保10(1725)
江戸中期の刀装金工家。大森英秀の門弟(これを疑う説もある)。初名を喜太郎といい,のちに文治と改め,休足と号した。精緻な象嵌色絵を得意とし,絢爛豪華な図柄は,師をしのぐほどであったと伝えられる。作品には孔雀や鳳凰,雉子,山鳥などを好んで表し,まれに牛馬や列仙などをモチーフにした鐔も知られる。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遅塚久則の関連キーワード羅城荻江露友(2代)岸貞江交寛美河野元虎古満勘助三鍼瀬上雲柱樗雲蘭室

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone