コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊び車 あそびぐるまidle wheel; idler

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊び車
あそびぐるま
idle wheel; idler

ベルト伝動や摩擦伝動などの装置に用いられる各種ののうちで,動力伝達には直接関係せずにもっぱら方向変換やゆるみ取りなどの目的で使用される車をいう。歯車伝動装置ではこの種の歯車を遊び歯車と呼ぶ。駆動軸従動軸の2軸間の距離がやや離れている場合に設ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あそび‐ぐるま【遊び車】

二軸間に動力を伝えるとき使用するベルトを導くための車。二つの車の間にあって、緩みを防いだり、方向を変えたりする。
回転方向を変えるため、二つの歯車の間に入れる歯車。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あそびぐるま【遊び車】

ベルト伝動で、原車と従車の間に入れて、ベルトの緊張を保ったり、ベルトの方向を変えたりする車。から回り車。アイドラー。
摩擦伝動で、原車と従車の間に入れて動力のなかだちをしたり、回転方向を変えたりする車。間車あいぐるま。アイドラー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊び車
あそびぐるま

二つの歯車をかみ合わせると回転方向は互いに逆方向となる。回転数の比を変えないで、この二つの歯車の回転を同一方向にしたいとき、中間に入れる歯車のことを遊び車という。また、2軸間に動力を伝えるときに、プーリーにかけるベルトに適当に張力を与え、ベルトが緩んだりしないように、途中に入れる車のことも遊び車という。この車の軸は、おもりなどを使ってベルトを押さえるようにする。これは引張り車ともいう。2軸が平行でないときにも、ベルトの方向を変えるために遊び車を使用する。[中山秀太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遊び車の関連キーワードアイドラーベルト伝動緩み間車

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊び車の関連情報