コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊び車 あそびぐるま idle wheel; idler

4件 の用語解説(遊び車の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊び車
あそびぐるま
idle wheel; idler

ベルト伝動や摩擦伝動などの装置に用いられる各種の車のうちで,動力伝達には直接関係せずにもっぱら方向変換やゆるみ取りなどの目的で使用される車をいう。歯車伝動装置ではこの種の歯車を遊び歯車と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あそび‐ぐるま【遊び車】

二軸間に動力を伝えるとき使用するベルトを導くための車。二つの車の間にあって、緩みを防いだり、方向を変えたりする。
回転方向を変えるため、二つの歯車の間に入れる歯車。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あそびぐるま【遊び車】

ベルト伝動で、原車と従車の間に入れて、ベルトの緊張を保ったり、ベルトの方向を変えたりする車。から回り車。アイドラー。
摩擦伝動で、原車と従車の間に入れて動力のなかだちをしたり、回転方向を変えたりする車。間車あいぐるま。アイドラー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊び車
あそびぐるま

二つの歯車をかみ合わせると回転方向は互いに逆方向となる。回転数の比を変えないで、この二つの歯車の回転を同一方向にしたいとき、中間に入れる歯車のことを遊び車という。また、2軸間に動力を伝えるときに、プーリーにかけるベルトに適当に張力を与え、ベルトが緩んだりしないように、途中に入れる車のことも遊び車という。この車の軸は、おもりなどを使ってベルトを押さえるようにする。これは引張り車ともいう。2軸が平行でないときにも、ベルトの方向を変えるために遊び車を使用する。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遊び車の関連キーワードサンヒターベッド地獄先生ぬ~べ~然りぬべし然るべしのろり辺・方驚くべし地獄先生ぬ〜べ〜

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone