コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦伝動 まさつでんどう

2件 の用語解説(摩擦伝動の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

摩擦伝動【まさつでんどう】

摩擦力によって動力を伝える方式。最も広く使われるのは摩擦クラッチクラッチ)で,動力の伝え始めがなめらかで,過負荷がかかったときにはすべって安全装置ともなる。このほか摩擦車,摩擦式無段変速装置流体変速装置)などがある。
→関連項目伝動装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まさつでんどう【摩擦伝動 friction drive】

例えば二つの円筒形の車の表面を押しつけて接触させ,一方の車の軸を原動機に接続して回転させると,両方の車の接触点において作用する摩擦力によって他方の車が回転し,この軸を従動機に接続すれば原動側から従動側に回転運動を伝達することができる。このように表面に作用する摩擦力により動力を伝達する方法を摩擦伝動といい,それに用いられる車を摩擦車という。摩擦車の形状としては円筒のほか,円錐および球形が使用され,また,円板どうしの接触によって動力の断続を行う摩擦クラッチも摩擦伝動の一種とみなせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone