コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩擦伝動 まさつでんどう

百科事典マイペディアの解説

摩擦伝動【まさつでんどう】

摩擦力によって動力を伝える方式。最も広く使われるのは摩擦クラッチクラッチ)で,動力の伝え始めがなめらかで,過負荷がかかったときにはすべって安全装置ともなる。このほか摩擦車,摩擦式無段変速装置流体変速装置)などがある。
→関連項目伝動装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まさつでんどう【摩擦伝動 friction drive】

例えば二つの円筒形の車の表面を押しつけて接触させ,一方の車の軸を原動機に接続して回転させると,両方の車の接触点において作用する摩擦力によって他方の車が回転し,この軸を従動機に接続すれば原動側から従動側に回転運動を伝達することができる。このように表面に作用する摩擦力により動力を伝達する方法を摩擦伝動といい,それに用いられる車を摩擦車という。摩擦車の形状としては円筒のほか,円錐および球形が使用され,また,円板どうしの接触によって動力の断続を行う摩擦クラッチも摩擦伝動の一種とみなせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

摩擦伝動の関連キーワード減速装置変速装置遊び車歯車

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android