コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動量保存の法則 ウンドウリョウホゾンノホウソク

デジタル大辞泉の解説

うんどうりょうほぞん‐の‐ほうそく〔ウンドウリヤウホゾン‐ハフソク〕【運動量保存の法則】

運動量は外からが加わらないかぎりいつまでも保存され、複数物体が互いに力を及ぼし合っているとき、または力を及ぼし合う前後において、それらの運動量の和は常に一定に保たれるという法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

運動量保存の法則【うんどうりょうほぞんのほうそく】

力学の基本法則の一つ。〈物体に力が働かなければ運動量は変化しない〉。特に〈幾つかの物体が,外部から力を受けず,相互作用だけで運動するときは,運動量の総和は変化しない〉。
→関連項目保存則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

法則の辞典の解説

運動量保存の法則【law of conservation of momentum】

一つの力学体系に対して,外力が存在しない場合,あるいは少なくともある一点における周囲の力のモーメントがゼロである場合には,この点に関する運動モーメントの総和は常に一定で変化しない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

うんどうりょうほぞんのほうそく【運動量保存の法則】

質点系に外力がはたらかなければ、その系の運動量の和は変化しないという法則。この時、質点系の重心は等速度運動をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の運動量保存の法則の言及

【運動量】より

…二つの物体A,Bがお互いに力を及ぼしあっているが,それ以外の力を受けないで運動している場合,全運動量pApBは時間的に一定で変化しない(保存される)。これは運動量保存則あるいは運動量保存の法則と呼ばれている。全運動量pApBを考えるとき,お互いに及ぼしあっている力は,作用と反作用として打ち消しあい,その時間変化を引き起こさないからである。…

※「運動量保存の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

運動量保存の法則の関連キーワードモーメント(物理)ホットアトム化学衝突(物理)ジェット気流放射性反跳流体力学角運動量反跳原子質点系反跳質点