コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運用報告書 ウンヨウホウコクショ

デジタル大辞泉の解説

うんよう‐ほうこくしょ【運用報告書】

投資信託で、ファンドの運用経過や運用実績を投資家に報告するための文書。基準価額の推移や分配金の状況、今後の運用方針などが表やグラフを用いて記載されている。→目論見書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

運用報告書


投資信託の運用期間中の運用実績や経過、信託財産の内容、有価証券売買状況などについて一定期間ごとに作成され、投資家に交付される報告書のこと。運用報告書は、当該信託財産の計算期間の末日である決算日(一般に年1回)ごとに作成される。投資信託委託会社に作成が義務付けられており、販売会社を通じて受益者に交付される。
運用報告書の記載内容は、設定来または最近5期以上の運用実績、資産運用の経過、今後の運用方針等であり、運用に関する問合せ先の名称や電話番号も記載されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

運用報告書の関連キーワードディスクロージャー集団投資スキームAIJ投資顧問資産運用報告利害関係人

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運用報告書の関連情報