過呼吸(読み)かこきゅう(英語表記)hyperpnea; hyperventilation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過呼吸
かこきゅう
hyperpnea; hyperventilation

呼吸運動の深さと回数が異常に増加した状態をいう。正常者でも,精神緊張,不安,恐怖などの情動によって過呼吸が起りがちである。南北戦争のとき,参戦した兵士に頻発した,器質的病変を伴わない過呼吸症状は,発見者の名にちなんでダ・コスタ症候群と呼ばれたが,これは心臓神経症であって,最近ではこの種の症状を訴えるものは過呼吸症候群または過換気症候群と呼ばれている。不安をもとにした心因性の反応として起るもので,呼吸をしすぎるため血中の炭酸ガス (二酸化炭素) が少くなり過ぎた結果表れる症状である。したがってビニール袋などを口に当てて呼吸させると,炭酸ガスが供給されるため呼吸数が減って楽になる。呼吸性アルカロージスによる筋肉のけいれん,興奮,頭痛などの症状が2次的に出てくることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かこきゅう【過呼吸】

〘医〙 何らかの原因によって、必要以上に呼吸を行うこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐こきゅう クヮコキフ【過呼吸】

〘名〙 激しい運動や興奮などにより過剰な呼吸をすること。血液中の炭酸ガス濃度が下がり、過換気症候群を起こす。換気亢進。過換気。→過換気症候群

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過呼吸の関連情報