コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過換気症候群 かかんきしょうこうぐんhyperventilation syndrome

知恵蔵の解説

過換気症候群

過呼吸症候群」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

過換気症候群【かかんきしょうこうぐん】

過呼吸症候群とも。心理的因子や,中枢神経系機能障害などの身体的因子,あるいは両者が合併して起こる発作的な過換気と,それによって生じる機能障害。若い女性に多く,不安神経症ヒステリーなどの場合起こりやすいため,神経性呼吸困難ともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家庭医学館の解説

かかんきしょうこうぐん【過換気症候群】

 不安感・緊張感や、意識されない心理的な葛藤(かっとう)など、さまざまな原因によって、発作的に呼吸が頻回になる病態をさします(「過換気症候群」)。
 過換気症候群の場合には、血液中に二酸化炭素の過剰がないのに呼吸が頻繁(ひんぱん)になるため、かえって二酸化炭素の濃度が正常よりも低くなってしまいます。その影響で、手足のしびれ感やけいれんがおこったり、重症のときには意識障害がおこることもあります。治療はペーパーバッグ法といって、紙袋などを口にあて、自分がはいた空気をくり返し吸うようにします。ただし、あまり長い時間行なうと今度は酸素が不足してしまうので注意が必要です。
 精神的な不安を抑えるためには、抗不安薬が用いられますが、長期的には、不安・葛藤を取り除く治療を根気よく継続することがたいせつです。

かかんきしょうこうぐん【過換気症候群 Hyperventilation Syndrome】

[どんな病気か]
 精神的ストレスなどがきっかけで始まった大きな呼吸によって、血液中の炭酸ガス(二酸化炭素)が肺から排出されすぎて少なくなった状態を過換気といい、それによっておこる全身の病的な変化を、過換気症候群といいます。大きな呼吸をするために呼吸困難を感じます。
 血液中の炭酸ガスは血液の酸・アルカリ度と密接な関係があり、炭酸ガスが減ると血液はアルカリ性となります。
 炭酸ガスが減ると脳の血管が収縮し、脳への血流も減り、頭がボーっとしたり、めまいがおこったりします。また、手指の血流が減ると、手がしびれ、血液のアルカリ度が増すと、ひどいときは全身にけいれんがおこることもあります。
[検査と診断]
 呼吸困難の原因が、ぜんそく発作(ほっさ)、自然気胸(しぜんききょう)、肺塞栓症(はいそくせんしょう)、狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)などである可能性もあるため、胸部X線写真、心電図などの検査が行なわれます。また、動脈より採血し、動脈血中の炭酸ガスや酸素の濃度、酸性度・アルカリ度が調べられます。
 肺や心臓に異常がなく、動脈血中の炭酸ガスが減少していて、酸素が基準値以上あり、アルカリ性であれば、過換気症候群と診断されます。
 また、過換気になっていると、ぜんそく発作や狭心症発作をおこしやすいため、これらの病気にかかっていないかどうかも調べられます。
[治療]
 大きな呼吸をすることにより呼吸困難などがおこり、不安になって、さらに大きな呼吸をすることで症状が悪化し、ますます不安となってさらに大きな呼吸をするという悪循環におちいり、発作をおこします。
 この発作をおこして緊急入院した人には、血液中の炭酸ガスをもとにもどすため、ビニール袋などを頭にかぶせ、はいた息(呼気(こき))を再び吸わせる方法がとられたり、鎮静薬が与えられます。
 大きな呼吸をすることが悪循環の原因で、これはひとりずもうのようなものですから、大きな呼吸をしてしまって手のしびれなどを感じたら、それ以上大きな呼吸をしないように、自分で呼吸をコントロールすることが発作の予防となります。
 発作がしばしばおこる場合や、慢性の場合は、精神的な問題のために過換気となっていることが多く、精神療法などが必要な場合もあります。
 日常生活のストレスなどによって、一度、過換気になってしまうと、悪循環におちいって発作をおこすことになりますが、発作の原因を理解することによって予防できます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

大辞林 第三版の解説

かかんきしょうこうぐん【過換気症候群】

呼吸運動が発作的に激しくなって生体の代謝に必要以上の換気が起こるため生じる一連の症状。呼吸困難・動悸・胸痛・四肢のしびれ感・めまい・失神など。過呼吸症候群とも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過換気症候群
かかんきしょうこうぐん
hyperventilation syndrome

心因以外にとくに原因となる器質的疾患がなく、発作性に呼吸困難、過呼吸状態を生じ、それに伴い多彩かつ一見重篤そうな臨床症状を示す疾患で、過呼吸症候群ともいう。心身症的色彩が強く、ときに呼吸器、循環器疾患に合併して発症することもある。発作は、激しい運動、疲労、疼痛(とうつう)、不安、興奮、緊張など、心身のストレスにより誘発される。一般に若年者に多く、女性は男性の約2倍で、とくに25歳以下の精神の不安定な女性に多くみられる。
 発作は自覚的な息苦しさに始まり、呼吸が深くなって数も増し(過換気)、これが精神的不安を助長し、それがさらに過換気を増大させるといった悪循環を形成し、悪化する。過換気によって血液中の炭酸ガスが過剰に吐き出され、動脈血炭酸ガス分圧の低下と水素イオン濃度(pH)の上昇、すなわち呼吸性アルカローシスをきたす。その結果、イオン化カルシウムの低下を生じて、神経、筋の興奮性を増し、また脳血管を収縮させて血流を減少させる。一方、不安は交感神経を興奮させ、それによる症状(換気および心機能の亢進(こうしん)など)も現れることになる。発作時には著しい過呼吸状態(数も深さも増す)を示すとともに、呼吸困難、動悸(どうき)、胸内苦悶(くもん)感、胸痛、頭痛、発汗、手足ならびに顔・口唇周囲のしびれ感、四肢のテタニー様けいれん、めまい、意識障害などをきたし、重症例では失神を生ずることもある。発作の持続時間は30~60分のことが多い。
 診断は、発作の誘因、患者の強い不安状態、呼吸の状態や訴えのわりには理学的所見や心電図などの所見に乏しいこと、多彩な臨床症状などに加えて、動脈血液ガス測定が可能であれば、動脈血炭酸ガス分圧の低下とpHの上昇、すなわち呼吸性アルカローシスを証明することにより確定できる。紙袋再呼吸法(後述)または5%炭酸ガス吸入による症状の改善も診断に役だつ。また非発作時には、意識的に過呼吸を行わせて発作を誘発することもできる。
 発作時には、息こらえをするか、数リットル程度の大きさの紙袋(ビニル製でもよい)で口と鼻を覆って呼吸させると、呼気中の炭酸ガスをふたたび吸入することになるので、動脈血炭酸ガス分圧が正常化し、発作は消失する。この紙袋再呼吸法を患者に体得させることがたいせつである。発症機序を理解させ、特別の器質的疾患によるものでなく、危険性のないことを説明して不安感を取り除くこともたいせつである。発作を繰り返す場合には、精神安定剤の投与や、心理療法を中心とした心身医学的治療などが行われる。[高橋昭三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の過換気症候群の言及

【腓返り】より

…筋肉が疲労しているときに,突然強く運動したり,運動の方向を変えて筋肉の急激な収縮が強いられたときに発生する。また,こむらがえりを過換気症候群hyperventilation syndrome(過呼吸症候群ともいう)の一つとする考えもある。水泳中には,なるべく息を吸い込もうとして過呼吸になり,酸素のとり過ぎになりやすい。…

※「過換気症候群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

過換気症候群の関連キーワード不安障害(不安神経症/恐怖症)過換気症候群(過呼吸発作)抜歯を受けるときの注意カルシウムと代謝異常身体表現性障害心臓神経症呼吸運動テタニー神経症優先語生体四肢失神動悸代謝

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過換気症候群の関連情報