コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過変態 かへんたいhypermetamorphosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過変態
かへんたい
hypermetamorphosis

昆虫の完全変態のうち,初期幼生と後期幼生で基本体制が変るものをいう。寄生性の膜翅目撚翅目にみられ,幼虫が宿主体内に寄生するという特殊な環境に適応した現象。膜翅目のコバチ類では,宿主体内で卵が早期に孵化し第1齢は原肢型幼虫,以後,膜翅目特有の無肢型幼虫となる。撚翅目では第1齢は三爪幼虫でその後宿主体内にもぐり無肢型幼虫となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐へんたい〔クワ‐〕【過変態】

昆虫の変態で、幼虫の段階で著しく異なる形態に変わること。擬蛹(ぎよう)の段階を経て、さらに脱皮して蛹(さなぎ)になるツチハンミョウ類や、寄生性のネジレバネ類などに見られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の過変態の言及

【ツチハンミョウ(土斑猫)】より

…みつを食べて2回脱皮し,擬蛹(ぎよう)と呼ばれる眠(みん)幼虫となり,さらに脱皮してさなぎとなる。このような複雑な変態を過変態という。オオツチハンミョウ,ヒメツチハンミョウ,マルクビツチハンミョウ(イラスト)など,日本からは7種が知られる。…

※「過変態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

過変態の関連キーワードカマキリモドキマメハンミョウオオハナノミネジレバネ類脈翅類甲虫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android