コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道仁入道親王 どうにんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道仁入道親王 どうにんにゅうどうしんのう

1689-1733 江戸時代中期,貞致(さだゆき)親王の王子。
元禄(げんろく)2年7月29日生まれ。母は按察使局(あぜちのつぼね)。元禄9年霊元上皇の養子,11年親王となる。同年三千院で慈胤(じいん)入道親王に師事。宝永5年一身阿闍梨(あじゃり)。翌年から3度天台座主(ざす)。享保(きょうほう)18年5月19日死去。45歳。俗名は盛永。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道仁入道親王の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史総合年表(アメリカ)天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフサッケリサッケーリスタニスワフ1世レシチンスキフリードリヒ・アウグスト1世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android