コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道円法親王 どうえんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道円法親王 どうえんほうしんのう

1224-1281 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の皇子。
元仁(げんにん)元年生まれ。母は治部卿局(じぶきようのつぼね)。真言宗の僧。寛喜(かんぎ)3年道助入道親王から灌頂(かんじょう)をうける。仁和(にんな)寺の蓮華光院(れんげこういん),西院に住し,西院宮,安井宮と称された。弘安(こうあん)4年閏(うるう)7月15日死去。58歳。生没年には承元(じょうげん)4年(1210)生まれ,延応(えんおう)2年(1240)6月13日31歳で死去とする説もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道円法親王の関連キーワード治部卿局(1)土御門元仁

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android