コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道助入道親王 どうじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道助入道親王 どうじょにゅうどうしんのう

1196-1249 鎌倉時代,後鳥羽天皇の第2皇子。
建久7年10月16日生まれ。母は内大臣坊門信清(ぼうもん-のぶきよ)の娘。真言宗。正治(しょうじ)元年親王となる。建永元年仁和(にんな)寺で出家。建暦(けんりゃく)2年道法法親王に灌頂(かんじょう)をうける。建保(けんぽ)2年仁和寺門跡。光台院御室(おむろ)と称された。藤原定家に和歌をまなんだ。宝治(ほうじ)3年1月15/16日死去。54歳。俗名は長仁(ながひと)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

道助入道親王 (どうじょにゅうどうしんのう)

生年月日:1196年10月16日
鎌倉時代前期の僧
1249年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

道助入道親王の関連キーワード道円法親王後鳥羽天皇道深法親王生年月日長仁親王殷富門院

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android