コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道因 どういん

3件 の用語解説(道因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道因 どういん

1090-? 平安時代後期の歌人。
寛治4年生まれ。俗名は藤原敦頼(あつより)。朝廷につかえ,従五位上,右馬助。「住吉社歌合」「広田社歌合」を勧進し,承安(じょうあん)2年藤原清輔(きよすけ)主催の白河尚歯会(しょうしかい)など,おおくの歌会に参加。同年出家。俊恵(しゅんえ)の歌林苑(かりんえん)の一員。歌は「千載和歌集」などにおさめられている。寿永元年(1182)ごろまでに死去。
【格言など】思ひわびさても命はあるものを憂きに堪へぬは涙なりけり(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

道因

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛治4(1090)
平安末期の歌人。俗名藤原敦頼,道因は法名。治部少丞藤原清孝と長門守藤原孝範の娘の子。従五位上右馬助に至る。承安2(1172)年藤原清輔の主催した和歌尚歯会に83歳で加わり,同年出家した。その歌人としての出発は遅く,70歳を過ぎてから作歌活動が目立ってくる。俊恵主催の歌人集団である歌林苑のメンバーで,藤原俊成などとも交友関係があった。勅撰集入集歌41首のうち『千載集』に20首入集するのが目立つ。選集に『現存集』(散逸)がある。和歌の数奇人であったが,その度合いが過ぎ,滑稽な振る舞いが説話集にみられる。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どういん【道因】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道因の関連キーワード六家集藤原敦頼讚岐藤原実定真覚藤原敦兼藤原敦隆藤原敦忠母藤原道経蓮禅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道因の関連情報