コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道因 どういん

3件 の用語解説(道因の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道因 どういん

1090-? 平安時代後期の歌人。
寛治4年生まれ。俗名は藤原敦頼(あつより)。朝廷につかえ,従五位上,右馬助。「住吉社歌合」「広田社歌合」を勧進し,承安(じょうあん)2年藤原清輔(きよすけ)主催の白河尚歯会(しょうしかい)など,おおくの歌会に参加。同年出家。俊恵(しゅんえ)の歌林苑(かりんえん)の一員。歌は「千載和歌集」などにおさめられている。寿永元年(1182)ごろまでに死去。
【格言など】思ひわびさても命はあるものを憂きに堪へぬは涙なりけり(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道因

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:寛治4(1090)
平安末期の歌人。俗名藤原敦頼,道因は法名。治部少丞藤原清孝と長門守藤原孝範の娘の子。従五位上右馬助に至る。承安2(1172)年藤原清輔の主催した和歌尚歯会に83歳で加わり,同年出家した。その歌人としての出発は遅く,70歳を過ぎてから作歌活動が目立ってくる。俊恵主催の歌人集団である歌林苑のメンバーで,藤原俊成などとも交友関係があった。勅撰集入集歌41首のうち『千載集』に20首入集するのが目立つ。選集に『現存集』(散逸)がある。和歌の数奇人であったが,その度合いが過ぎ,滑稽な振る舞いが説話集にみられる。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

どういん【道因】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

道因の関連キーワード賀茂神社雲仙岳災害対策基金聖護院秦檜アサッシン菊万荘西園寺家詞花和歌集増誉道因

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道因の関連情報