コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道守 ミチモリ

デジタル大辞泉の解説

みち‐もり【道守】

道路や駅路を守る人。ちもり。
「―の問はむ答へを言ひ遣らむ」〈・五四三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道守 どうしゅ

?-? 鎌倉時代,後鳥羽(ごとば)天皇の皇子。
母は少納言典侍真言宗仁和寺(にんなじ)保寿院にはいり,はじめ円快を名のる。良遍の弟子。法印ついで僧正となり,宮僧正と称された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちもり【道守】

道を守る者。みちもり。
諸道を巡回して民情の視察や非法行為の取り締まりにあたった法官。ていら。 〔和名抄〕

みちもり【道守】

街路・駅路を守る人。ちもり。 「 -の問はむ答へを言ひ遣らむすべを知らにと/万葉集 543

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道守の関連キーワード南満州鉄道株式会社足立 鍬太郎矢野口保邦宇野 宗佑満濃池ダム宇治智麻呂香川(県)福井平野建部綾足相馬親胤生江東人凡判麻呂生江息嶋安倍兄雄鎌倉時代竹村茂雄道守床足万葉集東大寺道守荘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道守の関連情報