コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道寂(2) どうじゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道寂(2) どうじゃく

?-1147 平安時代後期の僧。
蓄財に熱心だったが,発心して大和(奈良県)長谷(はせ)寺に参籠(さんろう)。夢のお告げで出家し,のち元興(がんごう)寺で座禅と念仏の日をおくる。その後眉間(みけん)寺にうつり,梵鐘を三つ鋳造させて東大寺,長谷寺,金峰山(きんぶせん)寺に奉納した。久安3年12月死去。伊賀(いが)(三重県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道寂(2)の関連キーワードパナマ正法眼蔵源有仁源頼朝和田義盛大部荘法然一条能保殷富門院坂上明兼

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone