酒色(読み)シュショク

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐しょく【酒色】

〘名〙
① 酒を飲むことと女遊びをすること。
※続日本紀‐天平神護二年(766)六月壬子「放縦不拘、頗好酒色」 〔漢書‐朱博伝〕
② 飲んだ酒が顔色に現われること。酒を飲んだために顔が赤くなること。また、その赤さ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦月前残菊〈藤原敦基〉「数茎残菊媚沙場、陶籬酒色雲収映」 〔呉志‐諸葛恪伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒色の関連情報