コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道者超元 どうじゃ ちょうげん

1件 の用語解説(道者超元の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道者超元 どうじゃ-ちょうげん

1602-1663* 明(みん)(中国)の僧。
万暦(ばんれき)30年生まれ。臨済(りんざい)宗。慶安4年来日し,長崎の崇福(そうふく)寺,平戸の普門寺の住持をつとめる。黄檗(おうばく)禅の隠元隆琦(いんげん-りゅうき)が渡来するとその布教をたすけるが,万治(まんじ)元年(一説に3年)帰国。門下に慧極道明(えごく-どうみょう),盤珪永琢(ばんけい-ようたく)らがいる。康煕(こうき)元年11月26日死去。61歳。福建省出身。字(あざな)は若一。語録に「道者禅師語録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道者超元の関連キーワード本願寺紀海音霊元天皇本願寺伝通院伝通院ホルイギリス音楽有珠山有珠山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone