コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道聴塗説 ドウチョウトセツ

デジタル大辞泉の解説

どうちょう‐とせつ〔ダウチヤウ‐〕【道聴塗説】

《「論語」陽貨から》道ばたで聞きかじったことを、すぐにまた道ばたで自説のように、他人に話すこと。有意義なことを聞いても表面だけとらえて、すぐに他人に受け売りすること。また、いいかげんな受け売りの話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうちょうとせつ【道聴塗説】

〔論語 陽貨
路上で聞いたことをそのまま直ちに路上で話すこと。人の話を心にとどめて自分のものにしないこと。また、人から聞いたことをすぐ受け売りすること。いい加減なうわさ話。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道聴塗説の関連キーワード都・兎・吐・図・土・堵・塗・妬・屠・度・徒・斗・杜・渡・登・賭・途・都稗史路上

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android