コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道行初音旅 みちゆきはつねのたび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道行初音旅
みちゆきはつねのたび

浄瑠璃の景事 (けいごと) 。歌舞伎所作事。延享4 (1747) 年初演の浄瑠璃義経千本桜』4段目の道行。吉野に逃れた源義経を慕って,静御前が供の佐藤忠信吉野山へ来る場。主従ながらの色模様や佐藤継信討死にの物語をみせる。この場を初演した政太夫の定紋源氏車を忠信の衣装に取入れて好評を呼び,以後この演出にならう。この浄瑠璃が歌舞伎化されて舞踊の人気曲となった。義太夫地のほか,常磐津では享和3 (1803) 年の『恋中車 (こいとちゅうしゃ) 初音の旅』,富本では文化5 (08) 年の『幾菊蝶初音道行 (いつもきくちょうはつねのみちゆき) 』などがあり,後者を清元に改調し整理したものが,現行の『吉野山』である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

道行初音旅の関連キーワード清元 志寿太夫清元 寿国太夫

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道行初音旅の関連情報