コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道覚入道親王 どうかくにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道覚入道親王 どうかくにゅうどうしんのう

1204-1250 鎌倉時代,後鳥羽天皇の皇子。
元久元年7月生まれ。母は尾張局(おわりのつぼね)。天台宗承元(じょうげん)2年親王となり朝仁と名のる。建保(けんぽ)4年出家し,慈円(じえん),慈賢(じげん),真性(しんしょう)らにまなぶ。宝治(ほうじ)元年天台座主(ざす),2年青蓮院(しょうれんいん)門跡。西山宮と称された。建長2年1月11日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道覚入道親王の関連キーワード後鳥羽天皇鎌倉時代皇子

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android