コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道覚入道親王 どうかくにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道覚入道親王 どうかくにゅうどうしんのう

1204-1250 鎌倉時代,後鳥羽天皇の皇子。
元久元年7月生まれ。母は尾張局(おわりのつぼね)。天台宗承元(じょうげん)2年親王となり朝仁と名のる。建保(けんぽ)4年出家し,慈円(じえん),慈賢(じげん),真性(しんしょう)らにまなぶ。宝治(ほうじ)元年天台座主(ざす),2年青蓮院(しょうれんいん)門跡。西山宮と称された。建長2年1月11日死去。47歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道覚入道親王の関連キーワード後鳥羽天皇鎌倉時代皇子

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android