コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道誉(2) どうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道誉(2) どうよ

?-? 鎌倉時代の僧。
律宗。京都泉涌(せんにゆう)寺の智鏡,浄因に四分律をまなぶ。ついで東大寺戒壇院の円照(1221-77)に具足戒をうけ,比叡(ひえい)山で天台教学をおさめる。のち筑前(ちくぜん)(福岡県)観世音寺戒律ひろめ,その後安芸(あき)(広島県)で庵(いおり)をむすんだ。法名は別に定空。字(あざな)は淵月。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道誉(2)の関連キーワード鎌倉時代律宗

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android