遠侍(読み)トオサブライ

大辞林 第三版の解説

とおさぶらい【遠侍】

中世・近世の武家の屋敷で、主殿から離れた中門の近くに位置する、当番の侍の詰め所。外侍。とおさむらい。 ⇔ 内侍主殿造り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とお‐さぶらい とほさぶらひ【遠侍】

〘名〙 武家の屋敷で、主殿から離れたところに設けられた警護の武士の詰所。内侍(うちさぶらい)に対していう。そとさぶらい。とおさむらい。とざむらい。とさぶらい。⇔内侍(うちさぶらい)
※金刀比羅本平治(1220頃か)下「玄光法師と金王丸とをば遠侍(トヲサブラヒ)にて若者共中にとり籠」

とお‐さむらい とほさむらひ【遠侍】

※天理本狂言・鶏聟(室町末‐近世初)「ともの衆をばとうさむらいへよび入いと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遠侍の言及

【侍所】より

…当初は平安時代の公家の邸宅で従者である侍の詰める所,伺候する所。寝殿の主屋の周囲の廊の部分をいうこともあり,主殿に付属するものを内侍(うちさむらい),邸内に別にあるものを遠侍(とおざむらい)という。藤原道長の《御堂関白記》長和4年(1015)に,政所,侍所という場所の名称がすでに見える。…

※「遠侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠侍の関連情報