コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠城治左衛門(読み)えんじょう じざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠城治左衛門 えんじょう-じざえもん

1690-1715 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)3年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士末弟をおなじ藩の生田伝八郎に殺される。正徳(しょうとく)5年11月4日大坂崇禅寺馬場でその仇(あだ)を討とうとするが,逆に弟の安藤喜八郎とともに返り討ちにあう。26歳。名は重拡。この事件は浄瑠璃(じょうるり)「敵討崇禅寺馬場」の題材となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android