コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠城治左衛門 えんじょう じざえもん

1件 の用語解説(遠城治左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠城治左衛門 えんじょう-じざえもん

1690-1715 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)3年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士。末弟をおなじ藩の生田伝八郎に殺される。正徳(しょうとく)5年11月4日大坂崇禅寺馬場でその仇(あだ)を討とうとするが,逆に弟の安藤喜八郎とともに返り討ちにあう。26歳。名は重拡。この事件は浄瑠璃(じょうるり)「敵討崇禅寺馬場」の題材となった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠城治左衛門の関連キーワードルイルイ公弁法親王ベルサイユ宮殿ボールビコント城ディナールイ[14世]ロココ美術ブルボン朝在日米陸軍

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone