コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠城治左衛門 えんじょう じざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠城治左衛門 えんじょう-じざえもん

1690-1715 江戸時代中期の武士。
元禄(げんろく)3年生まれ。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士末弟をおなじ藩の生田伝八郎に殺される。正徳(しょうとく)5年11月4日大坂崇禅寺馬場でその仇(あだ)を討とうとするが,逆に弟の安藤喜八郎とともに返り討ちにあう。26歳。名は重拡。この事件は浄瑠璃(じょうるり)「敵討崇禅寺馬場」の題材となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠城治左衛門の関連キーワード崇禅寺馬場の敵討崇禅寺馬場の仇討元禄