遠藤 忠雄(読み)エンドウ タダオ

20世紀日本人名事典の解説

遠藤 忠雄
エンドウ タダオ

昭和期の手漉き和紙製作者 白石和紙工房経営。



生年
大正2(1913)年3月13日

没年
平成9(1997)年10月6日

出身地
宮城県白石市

学歴〔年〕
白石町立実業補習学校〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
河北文化賞(第25回 昭50年度),伝統文化ポーラ特賞(第8回)〔昭和63年〕「白石手漉き和紙の製作」

経歴
農業の傍ら、冬の農閑期に紙すきを始め、平安時代から伝わる良質な白石和紙の紙すき技法をただ一人継承する。昭和14年奥州白石郷土研究所を創立。15年外務省に重要記録用紙として白石和紙を納入したのをはじめ、48年には奈良東大寺二月堂の修二会お水取り修行僧がまとう紙衣に採用される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android