コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙布 シフ

5件 の用語解説(紙布の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐ふ【紙布】

和紙を細く裁断し、よりをかけて作った紙糸で織った織物。また、縦糸に綿や絹の糸を用いたものもいう。夏の着物地・帯地などに用いられた。宮城県白石・静岡県熱海の産。紙布織。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紙布【しふ】

コウゾなどを原料とする和紙を千鳥状に細長く裁断し,1枚の紙を1本の長いこよりにして織物にしたもの。宮城県白石(しろいし)の紙布は江戸時代から白石紙布として知られ,おもに夏の衣料とされた。
→関連項目白石[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しふ【紙布】

特殊織物の一種。経緯とも紙撚糸を使い平織,斜子織,綾織などに織ったもの,経に綿糸,絹糸,麻糸,緯に紙撚糸を使ったものもすべて紙布と呼ぶ。経緯使いを諸紙布といって帽子に用い,経に綿糸,緯に紙撚糸を使ったものは紙布襖張地に用いる。古くは和紙をよくもみ,細く切って撚りをかけた糸で縞,格子,霜降りなどに織った。江戸時代には,仙台藩白石(しろいし)産が多く,白石紙布として著名であった。左撚り,右撚りと分け,紙布縮緬,先染紙布,型染のものもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しふ【紙布】

紙縒こより糸で織った織物。経たて糸を綿糸・絹糸とするものもある。軽いので夏の衣服地とされ、また帯地・袋物などにも用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紙布
しふ

ミツマタ(三椏)、コウゾ(楮)、ガンピ(雁皮)などの繊維を漉(す)いて和紙とし、これを千鳥状に紙の一部を残し、細く裁断して紙縒(こより)とし、これをつなぎ合わせて織物に織ったもの。抄繊(しょうせん)織物、紙(かみ)織物ともいう。これとは別に洋紙から製作したものもあるが、紙布に含めないのが普通である。紙布の種類には、経緯(たてよこ)とも紙糸(かみいと)を使ったもの、経に絹または木綿(もめん)を使い、緯に紙糸を打ち込んだもの、絹織物の一部に紙糸を使い、紅梅織にしたものがある。
 紙布を製作するには、靭皮(じんぴ)繊維をとったのち、紙漉きと同じ工程で繊維をそろえるようにして紙を漉く。これをまな板の上で包丁を使い細く千鳥状に裁断したのち、よくもんで糸績(う)みをする。1枚の紙は1本の糸となるが、ときには長さ120メートルに及ぶものさえできる。これを糸車あるいは撚糸(よりいと)八丁車で撚りをかけ糸染めののち高機(たかばた)によって織り仕上げをする。なお群馬地方では居座機(いざりばた)によっていた。
 このような生産は、原料の和紙生産と関係があるため、それぞれの和紙生産地で副業的に行われたとみられるが、そのうち宮城県白石(しろいし)でつくられたものは、江戸時代から白石紙布として知られており、また雁皮(がんぴ)紙を使った紙布は熱海(あたみ)特産であったし、新潟、島根、山口県など、和紙生産地でもつくられていた。白石産のものは、片倉藩の保護のもとに家臣の手内職として発達し、片倉家から将軍へも献上され、夏の礼服から、下級武士、農民が使用する実用着まで各種に分かれ、浴衣(ゆかた)、夏羽織、裃(かみしも)、帯、蚊帳(かや)、頭巾(ずきん)、脚絆(きゃはん)など広範囲に及んでいた。
 しかし、明治以後はほかの織物の進出のため衰退し、大正初期以降、衰微もその極に達したが、1941年(昭和16)に奥州白石工芸研究所の手によって復興された。また第二次世界大戦のとき、衣料不足から洋紙の原料を使って紙布を織り出し、衣料、蚊帳などになったが、一時的な生産に終わった。
 各地の和紙生産と関連して生産された紙布は、白石紙布のように商品化されたものではなく、農民の衣料として自家消費用につくられたにすぎない。近年になって紙布を民芸的に生産しようとする意向があり、京都府下の黒谷(くろたに)のように、一部の地域で小規模に生産されるようになった。紙布は綿織物と品質的によく似ており、一般に考えるよりも耐水性に優れ、耐久力があり、染色性もよいので広く需要があり、縮緬(ちりめん)、絽(ろ)、綾(あや)など多くの組織がつくられ、他の織物と同じように使われていた。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紙布の関連キーワード寒冷紗糸織シャンタンジョーゼットタフタ平絹グログラン精好久米島紬ドビークロス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紙布の関連情報