コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤滋 えんどう しげる

2件 の用語解説(遠藤滋の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤滋 えんどう-しげる

1870-1937 明治-昭和時代前期の細菌学者。
明治3年生まれ。27年北里柴三郎伝染病研究所にはいる。37年チフス菌,赤痢菌を鑑別する「遠藤培養基」を発明した。昭和12年4月20日死去。68歳。静岡県出身。第二高等学校医科(現東北大医学部)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠藤滋
えんどうしげる
(1870―1937)

内科開業医、遠藤培地の発明者。静岡県生まれ。第二高等学校医科(東北大学医学部の前身)を卒業して開業、1894年(明治27)東京に出て伝染病研究所の研究生となり、のちに北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)が主宰する養生園(ようじょうえん)医員となった。1904年(明治37)遠藤培地の発明を発表、全世界の細菌学界に貢献した。フクシンが亜硫酸ソーダによって無色(還元型)になるが、酸性にすると容易に赤色(酸化型)に変わる現象をみつけ、この原理を乳糖から酸をつくる大腸菌と酸をつくらない赤痢菌・チフス菌の集落鑑別に応用した。すなわち、弱アルカリ性乳糖寒天培地に無色の亜硫酸フクシン(還元型)を加えた平板培地上の大腸菌集落は赤く、赤痢菌・チフス菌集落は白色と一目瞭然(りょうぜん)になる。これについては、乳酸からつくられたアルデヒドがフクシン亜硫酸と化合して赤紫色物質をつくる(シッフSchiffの反応)との説もある。第二次世界大戦後、SS寒天Salmonella-Shigella agarの登場によって遠藤培地の名は聞かれなくなった。[藤野恒三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠藤滋の関連キーワード金子馬治久下豊忠小杉武司鈴木諦教千宗左(12代)津下紋太郎降矢芳郎松山茂森連和仁貞吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠藤滋の関連情報