コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遣り繰り ヤリクリ

デジタル大辞泉の解説

やり‐くり【遣り繰り】

[名](スル)不十分なものをあれこれ工夫して都合をつけること。「運転資金の遣り繰りをつける」「時間を遣り繰りしてデートをする」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やりくり【遣り繰り】

( 名 ) スル
あれこれ工夫をして都合をつけること。 「家計の-に追われる」 「 -して帳尻を合わせる」
遊女が間夫まぶに密会すること。 「後には-を見とがめ/浮世草子・一代女 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

遣り繰りの関連キーワード遣り繰り算段浮世草子

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android