算段(読み)さんだん

精選版 日本国語大辞典「算段」の解説

さん‐だん【算段】

〘名〙
① 計すること。勘定
※幸若・和田宴(室町末‐近世初)「忝くも釈尊は檀特山にて、閑にさむだんして見給ふに、をよそ一百八十石にしるさるる」
② 工夫(くふう)すること。手段を考えること。
※毛利家文書‐(元和八年)(1622)一一月一五日・毛利宗瑞自筆書状「爰元にてのさんたんは、みなみなよせ候而申させ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「寄るも障るも銭を遣ふ算(サンダン)ばかりで」
③ 特に、金銭都合をつけること。工面(くめん)
洒落本傾城買二筋道(1798)夏の床「あすのばんまでに一両二分ばかりかしておいてくりや〈〉少しぐらいはどふかさんだんのありそふな物だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「算段」の解説

さん‐だん【算段】

[名](スル)
苦心してよい方法や手段を考え出すこと。「居候を追い出す算段をする」
あれこれと工夫して、金銭の都合をつけること。工面くめん。「引っ越しの費用を算段する」「やりくり算段
[類語]やりくり切り盛り金繰り工面都合捻出まかなう繰り合わせ融通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android