コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適者生存 テキシャセイゾン

大辞林 第三版の解説

てきしゃせいぞん【適者生存】

生存競争において、ある環境に最も適した生物が生存し得るという考え。 〔 H =スペンサーによって提唱され、ダーウィンが「種の起原」の第四版以降の「生存闘争」の章中に用いた語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

適者生存の関連キーワード数理言語ノリスニブンオア世界の諺SVGロンドン駒形友梨佐藤寛太ゴア

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

適者生存の関連情報