コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択的拡大政策 せんたくてきかくだいせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択的拡大政策
せんたくてきかくだいせいさく

農業基本法に織込まれた農業政策の基本になる考え方で,需要が伸びる農産物の生産をふやし,需要が減る農産物の生産を転換するというもの。酪農養豚養鶏,野菜,果物が選択的拡大作物で,転換作物には稲作麦作などがあげられる。しかし生産者米価を毎年大幅に値上げした結果,増産を促して余剰米をもたらしたことから,批判も多かったが,新しい総合農政でもこの考えは引継がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android