コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択雇用税 せんたくこようぜい selective employment tax

1件 の用語解説(選択雇用税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択雇用税
せんたくこようぜい
selective employment tax

イギリスが 1966~73年に労働力の適正配置を促進するため採用した租税制度。雇用主から使用者1人につき1週あたり一定額の雇用税を徴収したあと,(1) 製造業者には 30%のプレミアムをつけて還付し,(2) 農林漁業,運輸通信業,国・地方公共団体などにはプレミアムなしで還付し,(3) 商業,金融などのサービス業にはまったく還付しないというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

選択雇用税の関連キーワードイギリス革命イギリス労働組合会議イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻イギリスパン労働力の使用価値労働力の商品化労働力の売買イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone