コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択雇用税 せんたくこようぜいselective employment tax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択雇用税
せんたくこようぜい
selective employment tax

イギリスが 1966~73年に労働力の適正配置を促進するため採用した租税制度。雇用主から使用者1人につき1週あたり一定額の雇用税を徴収したあと,(1) 製造業者には 30%のプレミアムをつけて還付し,(2) 農林漁業,運輸通信業,国・地方公共団体などにはプレミアムなしで還付し,(3) 商業,金融などのサービス業にはまったく還付しないというもの。労働力を流通・サービス業などから労働力不足の製造業に誘導することが目的であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

選択雇用税の関連キーワード新藤兼人加藤泰丹下健三野村芳太郎森一生ビートルズキリスト教民主同盟東松照明ボータ増村保造

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android