コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子頻度 いでんしひんどgene frequency

世界大百科事典 第2版の解説

いでんしひんど【遺伝子頻度 gene frequency】

ある集団における各々の対立遺伝子の相対的頻度。例えば100個体の集団でA1とA2の二つの対立遺伝子が存在しA1A1,A1A2,A2A2の遺伝子型をもった個体がそれぞれ64,32,4個体存在した(つまりそれぞれの遺伝子型頻度が0.64,0.32,0.04)とすると,A1の遺伝子頻度は,A2の遺伝子頻度はである。交配が無作為に行われている集団で,突然変異,自然淘汰,機会的浮動などが働かなければ遺伝子頻度は一定であり,遺伝子型頻度は遺伝子頻度の二項式展開(先の例は(0.8+0.2)2=0.64+0.32+0.04)で与えられるというハーディ=ワインベルクの法則Hardy‐Weinberg’s law(1908)が成立する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遺伝子頻度の関連情報