コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子頻度 いでんしひんどgene frequency

世界大百科事典 第2版の解説

いでんしひんど【遺伝子頻度 gene frequency】

ある集団における各々の対立遺伝子の相対的頻度。例えば100個体の集団でA1とA2の二つの対立遺伝子が存在しA1A1,A1A2,A2A2の遺伝子型をもった個体がそれぞれ64,32,4個体存在した(つまりそれぞれの遺伝子型頻度が0.64,0.32,0.04)とすると,A1の遺伝子頻度は,A2の遺伝子頻度はである。交配が無作為に行われている集団で,突然変異,自然淘汰,機会的浮動などが働かなければ遺伝子頻度は一定であり,遺伝子型頻度は遺伝子頻度の二項式展開(先の例は(0.8+0.2)2=0.64+0.32+0.04)で与えられるというハーディ=ワインベルクの法則Hardy‐Weinberg’s law(1908)が成立する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

遺伝子頻度の関連キーワードメンデル集団機会的浮動INH代謝サラセミア遺伝的浮動人類遺伝学親子鑑定自然淘汰突然変異群淘汰古生物大進化中立説Gm型小進化Gc型混血

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android