コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邗溝 かんこう Han-gou

1件 の用語解説(邗溝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邗溝
かんこう
Han-gou

中国,チャン(長)江ホワイ(淮)河を結ぶ運河。春秋時代王が邗江(広陵,揚州)に城を築き,これから射陽湖を経て淮安にいたる水路を掘ったと伝えられ,別名山陽涜ともいう。隋の大業1(605)年,ホワン(黄)河と淮河を結ぶ通済渠とともに改修が施され,大運河の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の邗溝の言及

【大運河】より


[古代の運河]
 中国最古の運河は,春秋時代に宋国が済水(せいすい)岸の陶(山東省定陶県)から南東に向かって開いた菏水(かすい)で,済水と泗水(しすい)とを連絡したものである。南では呉国が今の揚州市から北へ淮河(わいが)岸の淮安市付近まで邗溝(かんこう)という運河を開き,淮河を経て泗水に通ずるようにしたので,黄河と長江(揚子江)とは水路で連絡されるようになった。戦国時代に魏国が大梁(河南省開封市)に都を定めると,西方の滎陽(けいよう)から運河を開き,黄河の水を導いて大梁に水路を通じた。…

【揚州】より

…当時長江は今より幅広く分流し,砂州を形成しながらこの台地の縁辺にまで迫っていた。春秋時代には邗(かん)国が成立し,のちに呉に併合されたが,呉王夫差は北方へ通じる運河邗溝(かんこう)を開き,その拠点として邗城(現在の揚州市の北西)を築くなど,地域の開発の基礎をつくった。そののち楚が領有して広陵と改め,漢になって広陵県が置かれ,江都国(のち広陵国,ついで広陵郡)の治所となった。…

※「邗溝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

邗溝の関連キーワード可愛子ちゃんウエスト・ホワイトエクセレントホワイトシリーズチャイナ・ホワイトピュアモルトホワイトホワイト&ホワイト ライオンほわほわちゃんマジックインキホワイト・white SRマーガレットホワイト明治スカットホワイトソーダ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone