コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦永親王 くにながしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦永親王 くにながしんのう

1676-1726 江戸時代前期-中期,貞致(さだゆき)親王の王子。
延宝4年3月28日生まれ。伏見宮家13代。霊元天皇猶子。元禄(げんろく)8年親王となり,中務(なかつかさ)卿に任じられる。のち一品(いっぽん)にのぼった。享保(きょうほう)11年10月21日死去。51歳。幼称は若宮,茶々丸法号は得解脱院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

邦永親王の関連キーワード青蓮院宮尊祐法親王伏見宮貞建親王尊孝法親王敬法門院賀茂清茂貞建親王光子女王証明院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android