コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邯鄲諸国物語 かんたんしょこくものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

かんたんしょこくものがたり【邯鄲諸国物語】

合巻(ごうかん)。20編。柳亭種彦(初~8編)・笠亭仙果(9~20編)作。歌川国貞・貞秀・2世国貞画。1834‐56年(天保5‐安政3)刊。〈種彦諸国物語〉の題を表紙に多く使用し,西鶴其磧の諸国話物に倣った構想を示す。近江・出羽・大和・播磨(以上種彦作),伊勢・遠江・摂津(以上仙果作)の諸国を順次背景とし,各国ごとに独立した伝奇小説の集成であるが,登場人物に有機的関連をもたせ,筋にも関係させる。種彦は西鶴・其磧の浮世草子,近松の浄瑠璃を巧みに翻案し按排した手際を見せるが,その没後嗣編した仙果は種彦作品の模倣,其磧作品の踏襲,上方読本(よみほん)の翻案等に終始している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の邯鄲諸国物語の言及

【柳亭種彦】より

…また,文政(1818‐30)末年合巻界に大作古典の翻案による長編作流行の興起を見て,《源氏物語》に取材し,新趣向を凝らした大作《偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)》を発表し,大好評を得て合巻界の第一人者となった。ほぼ同時作の,元禄期の諸国ばなしものを活用した《邯鄲(かんたん)諸国物語》も好評で,晩年は主としてこの2著の制作に力を傾注する。かたわら集書の尚古趣味に考証癖が加わり,考証随筆《還魂紙料(かんごんしりよう)》《用捨箱(ようしやばこ)》その他を著したが,豊富な例書を引く実証的態度は群を抜いており,信憑度が高い。…

※「邯鄲諸国物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

邯鄲諸国物語の関連キーワード柳亭種彦(初代)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android