(読み)テイ

大辞林 第三版の解説

てい【邸】

人名の下に付けて、やや敬意をこめて、その人の家をいう。 「前田-」 「中山氏-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい【邸】

[1] 〘名〙 屋敷。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉六「妾(せふ)は数々(しばしば)其邸(テイ)に行きて」
[2] 〘語素〙 人名の下につけて、やや敬意を込めてその人の家をさしていう。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「金田邸へ通ふのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【商業】より

… 商業の発達に対応して,商人の貨物を預かる倉庫もはやくから設けられた。倉庫は唐代以前には邸または店と呼ばれ,主として市の周囲に置かれたが,市制崩壊の後には随意の場所に設置された。宋代には邸店のほか,榻坊(とうぼう),堆垜場(たいたじよう)などと呼ばれ,明代には榻坊の語が用いられたが,清代になると行店,行桟,桟房,堆桟などと称せられた。…

【倉庫】より

…したがって太倉や含嘉倉は,いずれも国都におかれた大穀倉のことなのである。ところで,客商の貨物を預かる営業倉庫は,唐以前にあっては邸または店といい,主として市の周囲に設けられ,市制が崩壊して以後は,交通の便に都合のよい場所におかれた。これらの邸店あるいは邸舎は,純粋な倉庫業を営んだのではなく,おおむね旅舎を兼ねていたのである。…

※「邸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邸の関連情報