コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京報 けいほう jing-bao; ching pao

3件 の用語解説(京報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京報
けいほう
jing-bao; ching pao

中国,清朝で出された法令や奏聞,宮廷の動向などをまとめて掲載した小冊子。京抄,邸抄,邸報,塘報などとも称される。起源は唐代にあり,宋代に公式に発行される官報となった。清朝では明代の制度を受継ぎ,兵部の提塘官が公表すべき諸件を印刷した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいほう【京報 jīng bào】

中国,清代の半官半民の官報。中国では漢代にすでに官報の類があったようだが,確認できるものとしては唐代の邸報に始まる。唐代,節度使は中央との連絡のため,長安におのおのの邸宅を置いたが,そこから出されたので邸報という。邸報はその後も歴代の王朝で発刊され,明代では塘報と呼ばれて提塘官が管轄し,明末には木版活字による印刷も行われるようになった。清もはじめ明の制度を継承したが,やがて民間商人が北京に設立した報房から発刊され,京報と呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京報
けいほう

中国で明(みん)代末期から主として清(しん)代にかけて発行された新聞の一種。中国では唐代から『邸報』とよばれる官報があったが、16世紀の中期になって明は、政府の監督の下で民間に『邸報』の記事を抄録して木版または謄写印刷で公刊することを許した。これが『京報』だが、ときには『邸報』と混同してよばれる。読者はおもに官吏、知識人、大商人で、発行所はたいてい北京(ペキン)にあって、報房といわれ、清朝末期には、聚興(しゅうこう)、聚陞(しゅうしょう)、聚恒(しゅうこう)など十数か所以上に達した。このころになると木活字、鉛活字を使用、1日8ページから十数ページまでの小冊子(縦22センチメートル×横9センチメートルくらい)で、部数は1万余といわれ、黄表紙だったので『黄皮京報(こうひけいほう)』ともよばれた。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京報の関連キーワード国策会社太常中書半官半民南満州鉄道OPIC中国醤油孔子学院松尾儀助安座上真

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京報の関連情報