コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京報 けいほうjing-bao; ching pao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京報
けいほう
jing-bao; ching pao

中国,清朝で出された法令や奏聞宮廷の動向などをまとめて掲載した小冊子。京抄,邸抄,邸報,塘報などとも称される。起源は唐代にあり,宋代に公式に発行される官報となった。清朝では明代の制度を受継ぎ,兵部の提塘官が公表すべき諸件を印刷した。体裁は木版活字で 10~12葉,表紙は黄色でそこに赤色で「京報」の印を押す。初めに宮廷の動向を,次に勅諭を載せ,さらに中央,地方官の奏聞を載せている。京報に類似したものに半官半民の事業で官文書を手写した「抄本」「長本」があり,抄本は省略されているが,迅速を旨として京報より早い。長本は詳悉であるが,京報より遅かった。京報は光緒 33 (1907) 年に政治官報に,さらに宣統3 (11) 年に内閣官報と名称が改められ,外国人はこれを「ペキン・ガゼット」 Peking Gazetteと称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいほう【京報 jīng bào】

中国,清代の半官半民の官報。中国では漢代にすでに官報の類があったようだが,確認できるものとしては唐代の邸報に始まる。唐代,節度使は中央との連絡のため,長安におのおのの邸宅を置いたが,そこから出されたので邸報という。邸報はその後も歴代の王朝で発刊され,明代では塘報と呼ばれて提塘官が管轄し,明末には木版活字による印刷も行われるようになった。清もはじめ明の制度を継承したが,やがて民間商人が北京に設立した報房から発刊され,京報と呼ばれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京報
けいほう

中国で明(みん)代末期から主として清(しん)代にかけて発行された新聞の一種。中国では唐代から『邸報』とよばれる官報があったが、16世紀の中期になって明は、政府の監督の下で民間に『邸報』の記事を抄録して木版または謄写印刷で公刊することを許した。これが『京報』だが、ときには『邸報』と混同してよばれる。読者はおもに官吏、知識人、大商人で、発行所はたいてい北京(ペキン)にあって、報房といわれ、清朝末期には、聚興(しゅうこう)、聚陞(しゅうしょう)、聚恒(しゅうこう)など十数か所以上に達した。このころになると木活字、鉛活字を使用、1日8ページから十数ページまでの小冊子(縦22センチメートル×横9センチメートルくらい)で、部数は1万余といわれ、黄表紙だったので『黄皮京報(こうひけいほう)』ともよばれた。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京報の関連キーワード安倍 喜平トリアノン諭摺彙存ホーチキ岡村昭彦汪康年新聞

京報の関連情報